HEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャー

HEICO-LOCK® ウェッジロックシステムは、多くのボルト継手アプリケーション向けに高品質の耐振動固定を提供します。激しい振動や動荷重においても、HEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャーはお客様に最大の信頼性を提供いたします。ボルトが締められると、 HEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャーの外側のラジアルティース面はそれぞれの合わせ面にかみ合うように埋め込まれます。固定システムに動応力がかかっている時、運動は内側のワッシャー表面間だけに起こります。これにより予荷重が増します。

 

 

  • 低荷重同様、高荷重でもボルトを固定する証明されたシステム
  • 特に動荷重に向いている ― 潤滑油使用にも適合
  • 機能や品質が低下することなく再使用可能
  • 取り付け、取り外しが非常に簡単(ウェッジロックワッシャーは予め組み立てられた一対でご提供いたします)
  • 8.8、10.9、12.9の高圧ボルトと対のナットと一緒に使用するのに適している
  • 幅広/幅狭タイプ、スチールまたはステンレススチールが入手可能 – インコネル、SMO等その他材質はリクエストによって入手可能
  • M3 – M42、 ¼”– 1”が入手可能 ― カスタムサイズのリクエストも承ります

 

仕組み

     

市場に出回っている他のシステムと大きく異なるHEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャーの特徴は、摩擦ではなく予荷重によってボルト締結を固定することです。

 

  • ロックワッシャー内側表面はくさび型面、外側はラジアルティース面
  • それぞれの合わせ面にラジアルティース面が、かみ合うように埋め込まれる(ボルトが締められる時)
  • システムの動きは、内側のワッシャー表面間だけで起こり、固定システムは自動的に再調整される
  • クランプ力を増す
 

 

技術データ

     

1. 硬度差: HHEICO > HMaterial

  • HEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャーの表面硬度は、構造等級と高圧ボルトよりも高くなっています(8.8、10.9、12.9)
    • スチール(無心焼き入れ)485 ±25 HV0.3、亜鉛フレークコーティング
    • ステンレススチール(表面硬化)> 520 HV0.05
 
 

2. 角度差: α > β

  • HEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャーのくさび角度(α)はボルトねじ山角度(β) よりも大きくなっています。
  • この角度差は、HEICO-LOCK®ウェッジロックワッシャーの厚みの伸張が、ボルトのねじ山の可能な縦運動よりも大きくなることを意味します。
 
 

3. 摩擦差: μa > μi

  • くさび型の表面の摩擦係数μiは、ワッシャー外側の凹凸面(摩擦係数μa)よりもかなり低い値です
  • 動応力により生じるゆるみは、くさび型面の2つのワッシャー間での動きを起こします。
 
 

4. 予荷重差: Fdyn > Fstat

  • ゆるみによるHEICO-LOCK® ウェッジロックワッシャーの厚みの伸長は、クランプ力増大につながります
  • これにより、静的状態の時と比べて予荷重が増え、結果ボルトを自動ロックします。

 

取り付け例

                   
貫通穴に使用する六角ボルト-両側を固定   止り穴に固定された六角
ボルト
  座ぐり穴に固定された
シリンダーボルト
  固定されたスタッドボルト   フラットワッシャーとの組み合わせでは、ロック機能は得られません

 

導入分野

 

 

 

 

HEICO-LOCK® 製品概要: